第51期 会長方針

第51期 伊藤 隆

第51期会長方針(2015.07~2016.06年度)
会長 伊藤 隆

 icon-caret-right 会長テーマ

『新たな奉仕を見つめて原点回帰』

 icon-caret-right クラブ運営について

基本的には、第一副会長L石田宗嗣に関係委員会の業務推進活動を重視して頂き各委員会が委員長、副委員長のもと委員の皆さんと共に今後のクラブ運営について協議し、クラブメンバーの皆さんに喜んで裁き、例会出席は勿論の事、各会議に進んで参加して頂く様にして行きたいと思います。

又、近年私達のクラブは通年5名以上の正会員増強に力を注ぎ、若い行動力の有るメンバーが増えてきました。この事を継続して行くと共に第50期に実施している家族会員制度についても引き続きお願いして参ります。

又、例会出席率向上についてはメンバーの皆さんの事業に影響がない範囲で出席を御願いしていますが、止む無く例会に欠席される場合は事前届けの徹底を御願いして参ると共にメイキャップ制度の案内を行って参りたいと思います。

長期に亘り欠席されるメンバーについては、スポンサーに御願いすると共に出来る限り声掛け運動をして参りたいと思います。

 icon-caret-right クラブ事業について

今年度のクラブ事業については、第二副会長L白坂悦夫に関係委員会との事業の計画実施について各委員会を活発に活動して頂き、各委員が共通の認識を持ち共に事業活動を行って頂くよう、御願い致してまいります。

今期会長テーマの通り、奉仕の原点に戻りクラブメンバー皆で金品だけによらず行動による奉仕をして参りたいと思います。

その為、身近な所で何か問題が無いのか注視し行動に移せるものは実施して参ります。
又、当クラブと姉妹提携の福島グリーンLCとの交流については、引き続き実施して参りたいと思います。

 

<「生野LCの歴史」へ戻る